宮町延寿院の健脚健康木札守


延壽院のわらじ (仙台東照宮から宮町通りを南進し 洋菓子メルヘンさんと梅田川の間を左に曲がると延壽院があります。)

仙岳院に修行していた浄円さんは、韋駄天のような足を持ち 師が、病に倒れた時、好物の最上(もがみ)豆腐を求めて 往復を走り抜き 生涯で羽黒山まで 238回 往復したと言われています。

現在でも 足の病気に霊験とのことで 本堂脇にわらじやスリッパや運動靴を納めて行く人も いらっしゃいます。

浄円さんの師匠に対する思いやりの素晴しさも 後世にも伝えたいと思い 宮町商店街振興組合が、試行錯誤の中、わらじのストラップが、完成致しました。

このストラップは、延壽院さんで ご祈祷をして頂いております。

健脚健康木札守

お持ちになる方の足の痛み腰の痛みが、消えます様 祈願されています
身体健全・延命長寿・諸病平癒・開運厄除 お守り 1個 432円

カテゴリー: その他, 商品 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA